冬枯れの色

a0254752_15155458.jpg
枯れた草の色に、見惚れる冬の日の午後。
思いだして10年以上前に描いた日本画を取り出してみました。
ドライフラワーでリースを作ってから、秋の色や冬枯れの色が愛おしくなってきました。
a0254752_15191910.jpg
寒空の下でカラカラとどこか楽しそうに揺れる草花を、また描きたくなりました。

[PR]
by omphalodes | 2017-12-03 15:15 | | Comments(4)
Commented by KIRAKO at 2017-12-04 21:56 x
omphalodesさま
こんばんは! 冬枯れの草たち、とても惹かれます。冬の立ち枯れの野は、何とも言えない胸がきゅ~んとなる空気感がありますね。
先日、読んだ白寿の日本画家「堀 文子」画伯の本。そして画集。そこには、「冬野の詩」というタイトルの絵がありました。
まさに立ち枯れの草や動物が描かれ感激したところでした。この八ヶ岳では、雪で草は、見えなくなってしまうけれど雪降る前の一瞬の
ときを思いながら心に沁みた世界でした。
Commented by omphalodes at 2017-12-04 22:44
KIRAKOさま
こんばんは⭐️
堀文子さん、私も大好きな画家です!私は華やかな色使いに惹かれていました。
「冬野の詩」ですか。調べてみますね。
八ヶ岳では、枯れの野のままじわじわと春が来るこちらと違い、雪が野を覆い隠していくのですね。なおさら愛おしい枯れの野ですね。
日本画も素敵ですね✨✨
Commented by KIRAKO at 2017-12-05 09:51 x
omphalodesさま
おはようございます! 昨日の夜から雪になる・が、ちょっとだけ舞う程度で今朝は、まったく雪がありませんでした!
堀 文子さん、凄い方ですよね~。ご自分の世界を突き進まれていっらっしゃる。omphalodesさんは、日本画も描かれていたのですね!
↑の日本画のお写真をもっとよく拝見したいですよ!
堀さんの明るい絵がお好き・・とあり、ちょうど図書館で予約している画文集「トスカーナの花野」が楽しみなのです。
それこそ、イタリアの明るい野の絵。好きなことに挑戦!いつまでも・・・。見習いたいです。
Commented by omphalodes at 2017-12-05 18:51
KIRAKOさま
こんばんは🌇
KIRAKOさんのコメントを読んで、思わず堀文子さんの画集を注文してしまいました!それも「トスカーナの花野」を❣️堀さんの絵は何度か本で見た事はあるのですが、お人柄については、全然知らなかったので、私も読んでみたいです。
日本画は、一度習って、数枚しか描いてないのです。でも、岩絵具をベールの様に幾重にも重ねて仕上げていく感じが好きで、ずーっとまたやりたいなぁと思っていたのです。水彩でそんな感じが出せればいいんですけど・・。なんか、KIRAKOさんとお話ししていて、日本画やパステル、それからオイルパスや油彩、色々やりたくなってしまいました〜✨✨
<< 再びエムズファームさんへ。 布バッグとカフェカーテン、奈良... >>